好きな百合アンソロとかカップリングとか

百合 Advent Calendar 2015 - Adventarの5日目です。今日は心に浮かんだランダムな事をランダムに書きます。

あまくてやさしい、百合アンソロジー「つぼみ」

あまくてやさしい、百合アンソロジー「つぼみ」は芳文社から刊行されていた百合アンソロジーです。 玄鉄絢先生を始めとする著名な百合作家の他LOやRINなどからも作家を呼び、多くの優れた作品が掲載されました。 中でも私が好きなのは宮内由香先生の短編集「未完の恋」、 そして由多ちゆ先生の「くらいもり、しろいみち」です。

惜しまれつつも休刊となりました。

ピュア百合アンソロジー「ひらり、」

ピュア百合アンソロジー「ひらり、」は新書館から刊行されていた百合アンソロジーです。 主に女性向けで活躍していた作家から構成されており、やはり優れた作品が多く掲載されました。 「終電にはかえします」「きれいなあのこ」「星をふたりで」などが個人的にとても好きな作品です。

やはり惜しまれつつ休刊となりました。

メバエ

メバエは現在継続して刊行されている数少ない百合アンソロジーの1つですが、弱点を抱えています。 それは性的な要素が強いということです。これは強みでもありますが同時に弱みでもあります。 成人向け百合アンソロジーとしては既にLというアンソロジーがありますから、それに比べればメバエは多少中途半端です。

そして、百合好きは総じて性描写にうるさいものです。こだわりが強すぎるのです。 百合好きが性描写を嫌っているとは思いませんが、百合好きは心情描写の方をより重視する傾向が明らかに強いです。 ですから性描写を強くした結果として心情描写が弱くなってしまうと、心情描写にこだわりを持つ一部の百合好きの心は離れてしまうのでしょう。

更に刊行ペースが異常に遅いこともあって、百合好きの強い支持を得るまでには至っていない状況です。

彷徨う百合の民 安息の地はあるのか

つぼみやひらり、が休刊し、百合姫が求心力を失った今、多くの百合好きの支持を得る百合専門誌はなくなりました。 今多くの百合好きが百合専門誌を読むことができずに彷徨っています。 百合好きの安住の地はどこにあるのでしょうか。

芳文社でしょうか。つぼみを出版していましたし、きららレーベルの百合力は今なお強力なものです。 まんがタイムきららMAXを実質百合雑誌であると考える民もいるほどです。 きららレーベルのKRコミックスから出た百合作品は無数にありますが、 ここでは「最後の制服」「お願い神サマ!」「スズナリ!」を挙げておきましょう。 正直に言えば、これらの作品に並ぶような作品はここ数年は芳文社からは出ていないのかな、という印象を持っています(もちろんつぼみは例外として)。 芳文社にはより百合的に優れた作品を輩出してほしいと思います。

KADOKAWAでしょうか。百合界隈の新星と言われた「やがて君になる」の他「小百合さんの妹は天使」や「あの娘にキスと花束を」などの話題作を抱えており、最近ではコミックキューンといった百合度の高い雑誌も作っています。芳文社ほどの実績はないものの百合的に将来を嘱望される出版社です。是非とも百合専門誌を刊行してください。

2つの例は百合ジャンルの作品が百合好き以外にも受けているという印象を出版社に与えているのではないでしょうか。 であるからこそ敢えて百合好きにターゲットを絞るという戦略にメリットを余り見いだせないとも考えられます。 これは他ジャンルとの棲み分けがほぼできているBLとはかなり異なる状況です。

アイカツ!のWMについて

それはさておきアイカツ!の話をしたくなりました。正確にはみくみづの話がしたい。つまりWM(ダブルエム)です。僕はアイカツ!の中でもみくる×美月というカップリング、特にみくみづ回として名高い第99話「花の涙」が大好きです。

僕は百合オタクであると同時に許しオタクなんですがみくみづは許しです。みくるは、本当に最初から美月を一人の人間として、トップアイドルではない、一人の特別な人として認めていると思えます。だからこそ美月はみくると一緒に涙を流すことができたんだと思う。みくるは美月の涙を見たあとに泣きながら笑うんですよね。それが最も尊い瞬間で僕はあの瞬間美月さんみくるとユニット組んで本当に良かったね……お互いがお互いを許し合ってるんだね……と強く感銘を受けました。アイカツ!の中でもとても好きなシーンです。

とても花を愛してるみくるが美月のことを究極キレイな花と言ったとこととか、初めてみくるが美月に声をかけたときのこととか、美月が素敵だったから〜のくだりとか、みく→みづには憧れみたいな感情が薄いと思うんですね。これが多分すごく重要なことで美月さんからしたら自分に強くは憧れていない、かつ自分を認めている存在って本当に貴重なんじゃないかなあと。だってみんな美月さんに憧れてたんだから。

アイカツ!のカップリングは本当に尊い、というかアイカツ!が尊いです。

百合という価値観

この記事について

この記事は百合 Advent Calendar 2015 - Adventarの3日目。本体は後半部分のポエム。

メバエ5について

メバエっていうのは不定期刊行の百合アンソロジーで、つぼみやひらり、がなくなって百合姫が色々残念になっちゃった今とっても期待されているアンソロジーなんやね。

そのメバエの5が去る11月30日に出たわけやけど、これが一部でとっても評判が悪いってことで調べてみるとなにやら穏やかじゃなさそうな雰囲気。、まあ元々買って読むつもりだったけどこれはちゃんと読んで感想を言わなあかんなと思ってこの記事を書いた次第。

で、実際に読んだ感想なんやけど普通に良い作品が何本かあって良かった。ただ1つだけ「これが百合アンソロジーに載ったのはちょっと残念やなあ」という作品があったのは事実。あと叩かれた作品がもう一つあったんやけどその作品はいま残念と言った作品に比べればずっと穏当な表現で描写も丁寧にされてて巷での批判は多分とばっちりなんだろうなあという思いを抱いた。

実のところ問題になっている作品も終わりは百合なんですよ。ただその途中でまずいラインに抵触してしまったのと、そして作者コメントがとても残念……。

こういうこともあって「百合アンソロジーに守ってほしいお約束」についてちょっとポエってみた。ここから先はメバエからは離れた話だから問題の作品がなぜ残念なのか的な話は一切しないよ!

百合が守る価値観

例えばメガネ属性のアンソロだったらメガネを必ず書くというお約束がある。じゃあ百合におけるお約束ってなんだろう?百合におけるお約束というのはもちろん「百合であること」なんだけどこれはメガネの例と違って人によって差があって、とっても曖昧なものなんだ。レズビアンだけが百合ってわけじゃないしヘテロやバイの百合だってある。

でもね、曖昧だから何をやっても良いってわけじゃあない。百合アンソロジーには守るべき約束、価値観というものがある。それは女性同士の関係は他の関係に劣らない第一級の関係だという価値観だ。

それは愛であっても良いし憎しみのような関係であっても良い。とにかくそれが「価値あるもの」として描かれることが重要だ。たしかに(好まれないだろうが)ヘテロセックスを描いたとしてもその価値観を守ることはできる。身体が奪われたとしても心の繋がりは揺るがないという描写があればそれだけでも救われることがある。ただやはり百合アンソロジーに載せる作品(特に短編)であれば女性同士の関係をより強く描くか、そうでなけれ他を薄める必要がある。

そういうことが理解されていないことがわかってしまう作品(やコメント)を百合アンソロジー上で目にすると怒りよりもむしろ悲しみを感じる。

ただ単にボーダーラインの上にあるがゆえに好き嫌いの別れる作品と、百合という価値観を否定してしまってる作品は明確に違う。百合アンソロジーでボーダーラインに挑戦しちゃうのは賛否両論あるだろうけど、価値観を否定しちゃうのはそれとは違う次元でとても残念で悲しいことだと言わなきゃいけない。

おわりに

作家のやる事に寛容である姿勢は良い面もあるけど、それはアンソロジー全体が守るべき価値観を全員が了解して初めてできることなんだと思う。メバエ自体は良い作品が何本もあるアンソロジーだから絶対に続いて欲しいと思う。身長差百合やフォアグラ百合も良かったし。